2007.06.02

COOLPIX S50c 読者プレゼントキャンペーン 当選者発表

 COOLPIX S50cモニタになって一ヶ月。先月の28日、最終の会議が開かれてこのプロジェクトも終了。一つのカメラをじっくりさわって、考え思ったことを、そのカメラに携わっている人たちにぶつける、対話するという貴重な機会を得ることができてほんとうに満足した。こういう機会を与えてくださった関係者のみなさんと、百式、田口さんに感謝、ありがたい。
 S50cは、ワイヤレスの部分が最大の特徴であり、可能性を感じさせるガジェットだった。UIとか環境が整えば、もっともっとおもしろくなる製品だと思う。次製品にも期待したい。
 さて、以前、ここでもお知らせした、読者プレゼントの結果が先日発表された。写真の投稿ということだったが、なんと300枚を超える応募があったとか、すばらしい。応募していただいてThax!。
テーマは「Stylish」。当選された方、3名、おめでとうございます。素晴らしい写真!

Winner 1 Winner 2 Winner 3 

 

詳しくはこちらで。

2007.05.27

PCの中抜き。COOLPIX S50cで一番気に入ったこと

 さてずーっとCOOLPIX S50c記事さぼってしまったのだが...いよいよ明日がモニタ最終日。記事には書かなかったけれど、COOLPIXはいつも左胸のポケットの中にあった。カメラの基本性能は、素直な色表現で失敗は少ない。画面も大きくてみやすい。ただ、今ひとつ使いやすさという点、ボタンの使い方とかなんとなくクセがある。こうなるだろうと思って使うとうまくいかなかったり(マクロモードが設定した後にズームを効かせないとONにならなかったり)、ボタンが多い割には、すぐに使いこなせない。マニュアルがはなせない…、そこはもう少し、改善して欲しいところ。

DSCN0470 左の写真は本日、鎌倉からの帰り道、横須賀線の車上から撮った夕日。シーン撮影モードで夕日モードを選んで撮った一枚。家に帰って、そのまま電源コードをさして、家のAppleExpress経由でピクチャーバンクへ。Englishモードで起動してそのままFlickrへ投稿した写真。Flickrのブログ投稿用のタグをこのエントリーに埋め込むことで表示している。自分のPCにはこの表示している写真はストレージされていない。

Continue reading "PCの中抜き。COOLPIX S50cで一番気に入ったこと" »

2007.05.23

マニュアルを読んで気がついた その4 モードとメニュー 操作のコツ

 さて、ちょっと中だるみしてしまったが、久しぶりのNikon COOLPIX S50c のエントリー。
 このカメラを使っていて、どうにもしっくりこないのがボタンの扱い。

 ボタンの役割が分散されていて、何がどこにあるのか、どういうときに使うのか、今ひとつぴんとこなかった。例のごとくマニュアルを読んで、ああ、これに注意しておけばいいのだと気づいた。「モード」という概念だ。何をするにもモードを意識する。モードを選ぶ。そこから始める。モードは撮影する状況、目的を表す。現在のモードを頭に入れておく。そしてボタンを操作する。使うコツのようなものが見えてくる。

 2大モードは撮影と再生。>ボタンで切り替わる、さらにそのモードは、撮影状況に応じていくつかのモードに分けられる。
メニューボタンはそれぞれのモードの機能メニューを表示する。

 モードで目的選択→メニューで機能選択が基本。

これを頭に入れておくと、少しだけ使いやすくなる。

2007.05.17

COOLPIX S50c読者プレゼント!

S50C 参加しているワイヤレスピクチャー会議で読者向けのプレゼントを開始するというお知らせがやってきた。 商品は「COOLPIX S50c」本体!
 COOLPIX S50c の「S」=スタイリッシュ をテーマに写真を撮って送る。それだけ。一人何枚でも可。ケータイでも他社製品でも何で撮ろうとかまわない。応募作品のなかから選考した3人の方に「COOLPIX S50c」を提供するというものだ。
COOLPIX S50c読者プレゼントはこちらから!

 『今後もCOLPIX S50cでスタイリッシュな写真を撮ってほしい!』なんて想わせることが選考のポイントらしい。スタイリッシュで素敵な写真待ってます。楽しみ楽しみ。

COOLPIX S50c読者プレゼントはこちらから!

2007.05.09

素直に書く。:ワイヤレスピクチャー会議

naanさんの辛口エントリー。w

 Nikon COOLPIX S50c sucks

なんか、最近ちょっと話題になっているNikon COOLPIX S50c。なんというか、ぶっちゃけ言うと、最近のブロガーにありがちな、予定調和的絶賛エントリをあちこちで見かけてむかつくのだけど、カメラにwifiつながってupできるってそんなにすごいか?

naanさんのエントリー、読んで(しまった w)ことで、ここでちゃんとこのブログマーケティング勉強会議における、私のスタンスを表明しないといけないなと思ったので書くことにする。自分のスタンスを確認するための自分のためのメモ。

Continue reading "素直に書く。:ワイヤレスピクチャー会議 " »

2007.05.08

マニュアルを読んで気がついた その3:COOLPIX S50c カメラをしっかり構える

Kamae いしたにさんにCOOLPIX S50cの構え方を教わった。それが実に極まっている。理にかなった構え方。いしたにさんのエントリーにもあるように、この形状、まさに計算し尽くされた感じ...。この構え、自然に脇もしまって最初は、ちょっと違和感があったけど、慣れるといい感じでホールドする。左手の無線LANアンテナ部分のクローム加工された曲線部分が親指の形状にうまくフィットする。すばらしい。

 で、例のごとくマニュアルを読んでいて、気づいてしまったのだ.....。マニュアルの24ページ。
 「ステップ2 カメラを構え構図を決める」...あれ....あれ....

Continue reading "マニュアルを読んで気がついた その3:COOLPIX S50c カメラをしっかり構える" »

2007.05.06

写真のリサイズ、加工を10秒で!:PhotDrop(dashuBorad)

 最近よく使っている画像加工のダッシュボードツール:PhotoDrop
 とっても簡単にいい感じなスタイルに加工してくれる。
 こんな感じだ。

Dscn0216 5Dscn0216 9Dscn0216 8Dscn0216 7Dscn0216 6Dscn0216 2FlickrupDscn0216

陰付き、反射、トイカメラ風、白黒、ラウンド、VTR風、プッシュピン付き、テープ...
切り取りやサイズ変更、回転も簡単に設定可能。画像を選んでダッシュボードを起動(F12)、ドラック&ドロップでPhotoDropに画像を持って行くだけ。あとは、設定で書き出しフォーマットや上記のスタイルを指定する。Doneボタンを押すとファイルに書き出すかクリップボードにコピーするかボタンで決めて終了。とっても簡単。ちょっとした画像変換とかブログに貼る画像の加工にとっても便利。
ダウンロードはこちらで。使い方の動画もある。

【追記】
 サイズの変更は右下の部分をドラッグして、ドロップするウィンドウ自体の大きさを変えることで可能。左上のボタンと上部のスライダーで画像を調整。ちょっとわかりづらいようなので、メモしておく。

 

マニュアル読んで気がついたその2:COOLPIX S50c Upしてから考える。

 マニュアルを読んで気がついた、その2。
 このCOOLPIX S50cの最大の特徴は、無線LAN対応。家にも無線LAN(Apple AirMacExpress)があるので、当然ながらこのカメラも家の無線LANに接続して使っていたんだけど...。再生モードメニューからCOOLPIX CONNECTを選択して、家の無線LANにつなげて画像をアップしていた。
 で...マニュアルを読んでいて、あらあらと気づたことが、これ。
Rimg0002Rimg0003
 本体の電源をOFFにして、ただ充電用の電源コードをつなげる、と...なんと自動的に、全画像をサーバーにアップロードしてくれる(ピクチャーバンク機能)のだ。すでにアップロードしてある画像は、アップしない。サーバーへのアップロードが終了すると充電をし始める。いままで、電源をONにした状態で電源コードをつないでいたので、全く気づかなかった。(わはは...)

 充電をする感覚で、コードをつなげて放っておく。すると勝手にネットワークサーバー上にファイルを転送してくれる。これは便利。
 そもそも、ネットワークに特別なものをあげるという発想ではなくて、とりあえず、全部あげて、その後でどうするかを考えるというコンセプト。これは、とても正しいやり方のような気がしてきた。常時接続、昔と比べてジャブジャブのネットワークが用意されているのだから、これを使わない手はない。アップしてから考える。これは、いいかもね。

Continue reading "マニュアル読んで気がついたその2:COOLPIX S50c Upしてから考える。" »

2007.05.05

パノラマアシストを使う:COOLPIX S50c

Page_1COOLPIX S50cのマニュアルを読んでいる。その中でちょっと気になった機能。パノラマアシストという、パノラマ写真を文字通りサポートする機能を紹介する。最近のケータイにも、モバイルのアプリケーションでもついているパノラマ撮影機能だが、これは自動合成はしない、アシストのみ。ま、日常的に使うものじゃないし、この程度でいいのかな。w

 シーンモードでパノラマアシストを選択。最初の一枚を撮って、パノラマの展開方向をロータリースイッチで選択。半透明に撮影した画像が1/3だけ写っているので、それにあわせながらシャッターを押す。
 その繰り返しで部屋の中で4枚写真を撮ったのがこれ。(左図)最終的なパノラマの合成は人力。画像作成ツールを使って行った。ささっとやってみただけだけれど、悪くはない。景色とかもっと広いところで撮るのが楽しいのだろう。マニュアルを読むと、様々、へぇ、こんなことできるんだってことに出くわす。そして試してみる。それはとても楽しい。もちょっと、マニュアルと格闘してみる。

(マニュアル読んで気がついた その1)

2007.05.01

COOLPIX S50cファーストインプレッション。

 さて、一日、COOLPIX S50c、さわってみた。最初の印象などを書いておく。
 気に入った点とこれどうなんだろと感じた点、それぞれ3点���つ...。

◎いいなと思ったところ、気に入った点

  • ポケット���入れられる大きさで液晶画面が大きい。
  • とっても素直な色再現。
  • やっぱ、これいいかも。ダイレクトでネットへ。

 前に持っていたコンパクトデジカメがRichoGXとXactiC5。今ひとつ、携帯性に欠けていた。持ち歩くデジカメが欲しいなと思っていたので、とってもいいタイミング。;) ネットワーク対応による嵩の増加も最小限で抑えられていて、S50とそれほど大きさに違いはない。液晶画面が大きいのも◎。あと、これは好みがあるかもしれないが...すごく素直な再現をするなと思った。まだちゃんと使えていないのだけれど、標準設定だと、リアルな色遣いとか見たままを再現する感じ。こういう素直さはいいかも◎。

Coolpixあとは、最大の特徴であるネットワークの利用、いらない人にとっては無用の長物何だけど、僕みたいにPC立ち上げて、USBコードつないで、なんて面倒だ、なんて人にはいいかも。最初は自宅の無線LANだけで試していたけど、それではつまらないので、車を飛ばしてホットスポットのアクセスポイントのある幕張へ。BBモバイルは1年間無料のIDがあらかじめ登録されている。ホットスポットへのアクセスとかは、付属の設定アプリを使い、事前にカメラに登録しておくと、自動的にサーバーにアクセスするところまで操作は不要。アップロードが完了するまでただ待てばよい。(左図)

(実は、今回は途中、電池切れでUploadが完全にできなかった。そういう場合は、次のファイルからちゃんとアップしてくれる。重複アップロードもできない仕組みになっている。これ、いい感じ。)

Continue reading "COOLPIX S50cファーストインプレッション。" »

2007.04.29

ワイヤレスピクチャー会議参加:COOLPIX S50c

 百式PR Board 企画ワイヤレスピクチャー会議」に参加してきた。
0875  今回のお題は「COOLPIX S50c」(左写真)。
 Wifi対応のコンパクトデジカメで、s7cの後継機種だ。s7cは知人が使っているところを何度か見ていて、その場で写真をアップする楽しさみたいなものが気になっていた。今回は、それを自分で確かめてみたいというのが、応募の動機だ。
0877 ネットワーク・ガジェットとしてのコンパクトデジカメってどんな感じか、この会議に参加することで体感できたらHappy。

Continue reading "ワイヤレスピクチャー会議参加:COOLPIX S50c" »

Recent Trackbacks